【FUJIFILM 】X100Vにおすすめのアクセサリー

【FUJIFILM 】X100Vにおすすめのアクセサリー

見た目がクラシカルでかっこいいX100シリーズ!

取り付けるアクセサリーもお気に入りのものを選びたいですよね。

そんなX100V用に私が購入したおすすめのアクセサリーを紹介します!!

X100Vにおすすめしたいアクセサリー

JJC メタルレンズフード

JJCから発売されている金属製のフード。(アダプターも付いてます)

見た目は純正のフードとほぼ一緒で、ロゴを確認しなければ見分けつかないレベル。

しかしながら、純正フードが約9,000円なのに対し、JCCのフードはAmazonで1,500円程

純正に拘りがなければこちらで十分だと思います。

 

ちなみに、取り付けた時に緩いなと思った方はフードの付け根にある隙間をすこ〜しだけギュッと摘んでみてください。

私のはけっこう簡単に外れてしまいそうだったんですが、ちょうどよい引っ掛かり具合になりました。

潰し過ぎには注意して下さいね。

個体差もあると思うので、緩いなと感じたら試してみて下さい。

 

他にも、NiSiからUVフィルター付きのスッキリとしたフードや、クラシカルな雰囲気のある角型フードも人気みたいですね!

 

Haoge THB-X2B メタルサムグリップ

Haogeのメタルサムグリップです。

ホットシューに取り付け、親指の置き場所を作る為のアクセサリー。

グリップした時に親指にもしっかりと力が入るので、撮影時の安定感は上がりますね。

様々なメーカーがサムグリップを出ていますが、Haogeの商品は金属製でロゴの主張が無くシンプルな見た目が良かったので選びました。

ロゴはホットシュー部分の裏側に書かれているので、取り付けた時に見えることがありません。

X100Vのデザインを損なわないシンプルな作りで良いと思います。

 

持ちやすくする為にハンドグリップも検討しましたが、X100Vのデザインを崩してしまいたくなかったのでサムグリップのみとしました。

NANIGASHI 真鍮レリーズボタン

NANIGASHIの「真鍮レリーズボタン S 黒染め」です。

上面に緩やかに凹んだ曲面があるので、自然と指がそこに納まるようになっています。

側面にはローレット加工が施されて、取り付けの際にネジ込みやすくなっています。

クリアなどを施さない素地仕上げは、使い込むうちに真鍮の色味が変化していきます。黒染めを施した黒や、漆焼き付け仕上げの銀は、使い込むうちに角から生地の真鍮が見えてきます。

ボタンとカメラの間に取り付けるOリングが付属していますので、ネジが緩んでボタンが外れにくくなっています。

Sサイズはシャープな印象で、特にライカM型への収まりが良く、カメラのシャッターを切る感覚がより伝わります。

NANIGASHIさんより引用

いやーこれは渋くてカッコいいですよ!!

ブラックボディに黒染めの真鍮レリーズボタン

最高に似合うと思います!!

 

わずかに凹んでいるので押したときのフィーリングも良いですし、使い込んでいくうちに塗装が剥げて真鍮の色が出てくるなんてたまらないじゃないですか!

側面のローレット加工も良い味出してますね。

 

ま~そこそこいいお値段してしまうのが欠点なんですが。

緩み防止用のOリングも付いているので外れにくくはなっていますが、無くさないように気を付けなければ・・・

 

ルミエール 丸紐カメラストラップ

ルミエールの丸紐カメラストラップ(07 OLIVE)です。

クラシカルなカメラに似合うであろう丸紐ストラップにしてみました。

カラーは明るすぎないオリーブで、ブラックボディとの相性は最高です。

紐はしっかりとしていますが、しなやかなので収納するときにも困りません。

 

ストラップの長さは注文時にオーダーすることが出来ます。

私の場合は、たすき掛けせずに首からぶら下げるだけなので「 長さ100cm 」でオーダーしました。

また、付属のリングは取り付け穴の小さいX100Vには「 細いリング 」がベストとの事です。

 

FUJIFILM レンズキャップ FLCP-49

FUJIFILMの純正レンズキャップ49mmです。

X100Vには専用のカッコいいメタルフードが付いてきますが、残念ながらフードを付けてしまうと使用できません。(一部使用できるフードもありますが。)

49mmのキャップであれば何でも良いですが、せっかくなのでFUJIFILMのキャップを購入しました。

 

 Kenko ブラックミスト №05 49mm

「ブラックミスト」は、ハイライトとシャドウ部のコントラストを抑え、まるで映画のワンシーンを思わせる絶妙なニュアンスを得ることができるソフトフィルターです。レタッチなしで、撮ったその場でシネマティックな質感を得られるのがブラックミストの魅力です。

Kenkoオフィシャルサイトより画像・文章引用

フィルムシミュレーションとブラックミストの効果が面白く、プロテクトフィルター代わりに付けっぱなしにしています。

光源がにじんで柔らかい描写になって楽しいですね。

個人的に、常用するのであれば№1だと効果が強すぎるので半分の効果の№5が使いやすいです。

 

おわりに

以上、私のおすすめするX100V用アクセサリーでした!

フードやレリーズボタンなど、選び出すと種類がいっぱいで悩んでしまいますよね。少しでもアクセサリー選びの参考になれば幸いです。

せっかく購入したカメラ、アクセサリーにもこだわってお気に入りの一台にしたいですね。