【FUJIFILM X100V】何気ない日々を楽しくしてくれるカメラ  

【FUJIFILM X100V】何気ない日々を楽しくしてくれるカメラ  

FUJIFILM X100V 毎日がちょっと楽しくなるかも。

X100V購入

コンパクトなカメラが欲しい

何気なく過ぎていく日々。

気軽に持ち出せ、「なんかいいな」そう思った瞬間を撮ることが出来る。

毎日をちょっと楽しくさせてくれる。

そんなコンパクトなカメラが欲しい。

 

ミラーレス化によってフルサイズのカメラ本体もかなり小さくなりましたが、何だかんだフルサイズはレンズを付けるとそれなりに大きくなるわけです。

これを常に持ち歩けるかというとなかなか難しい・・・

というわけで、X100V購入しました!

 

常に持ち歩けるサイズ感

購入理由が「常に持ち歩けるカメラ」だったのですが、候補に挙がったのは3つ。

・X100V

・X100F

・GRⅢ

GRⅢはこの中で一番コンパクトでありながら、手振れ補正もあり間違いなく使いやすい!

でもね、圧倒的にFUJIFILMがカッコよすぎる。

 

X100Fはデザインもカッコよく、値段もお手頃で、フワッとした描写が撮っていて面白そう!最高!!

でもね、クラシックネガ無いじゃん。

 

FUJIFILM公式ページより画像引用

選ばれたのはX100Vでした。

 

肝心のサイズ感ですが、ポケットに突っ込めるほど小さくなく、むしろフードなどを付けるとちょっと大きくない?と思ったりしましたが、これくらいのサイズなら常にバッグに入れておけるなといった感じです。

クラシックなデザインがカッコいい

X100Vの一番重要なポイント

見た目が良い

これは本当にカッコいい!

このクラシカルな見た目いいな〜

(1枚目のキャップ上下逆・・・)

X100Fと若干の違いはありますが、大まかなデザインは変わらずエッジが立ってシャープな印象になりました。

X100Vから採用されたアルミニウムのボディは手に持った時の質感がとても良く、満足度を高めてくれます。

 

カラーはシルバー・ブラックどちらも違った良さがあり迷いますね。

画像で見るとシルバーのレトロで可愛らしい感じも良かったんですが、実際に見たらブラックのシックな感じと質感の良さが純粋にカッコよく惹かれました。

また、ストラップやその他のアクセサリーとの相性も考えブラックを選びました。

こういったアクセササリー選びの楽しさもX100Vの醍醐味かもしれませんね。

フィルムシミュレーションが楽しい

FUJIFILM公式ページより画像引用

FUJIFILMといえば外せないのがフィルムシミュレーション!

X100Vには17種類のフィルムシミュレーションが搭載されており、X100Fには無かった【クラシックネガ】を使うことが出来ます。

クラシックネガで遊んでみたいがためにX100Vを選んだと言っても過言ではありません。

SNSで見るFUJIFILMで撮られたエモい写真の数々。たまらんですね。

 

フィルムシミュレーションのカスタムについては様々な方が設定を公開していたり、iPhoneをお使いの方は、「Fuji X Weekly」というアプリでフィルムシミュレーション設定のレシピが載ってるので、それらを参考にしつつ弄っていこうと思います。

こんな感じで作例と細かい設定が載ってます。

自分の撮りたいイメージに近い設定を簡単に探せるのでとても便利です。

ダメなところ

「チッ」というシャッター音。

シャッター音って写真を撮るとき結構気になる部分だと思うんですよね。

音の種類も設定で選べますが、残念ながらX100Vのシャッター音はどれも好きになれませんでした。笑

 

X100Vで撮ってきた

あまり外出できてないのでまだ撮れてないんですが。

おわりに

X100Vはコンパクトカメラとしては大きいですし、手振れ補正も付いていなければ、シャッター音もいまいち。

しかし、最高の見た目とフィルムシミュレーションで、初めてカメラを買った時の「写真を撮ることの面白さ」を思い出させてくれる。そんなカメラだと思いました。

 

なかなか遠出も出来ない状態ですが、まったりとカメラライフを楽しんでいこうと思います。