TAMRON 28-75mm F2.8DiIII RXD(Model A036) レビュー。「軽い・明るい・寄れる」三拍子そろった標準ズーム!

TAMRON 28-75mm F2.8DiIII RXD(Model A036) レビュー。「軽い・明るい・寄れる」三拍子そろった標準ズーム!

きたーーー!!やっと届きました。

入荷待ちだったTAMRON 28-75mm F2.8DiIII RXD(Model  A036)

マップカメラにて購入し、「約2カ月待ちです」との回答だったのですが、一ヶ月程で入手できました。発表されてから大人気で、執筆時点でも入荷待ち状態が続いているみたいです^^;

さっそく使用感をレビューします!

TAMRON 28-75mm F2.8 DiIII RXD (Model A036)

基本スペック

対応マウントα Eマウント系
レンズ構成12群15枚
絞り枚数9枚
最大撮影倍率1:4
最短撮影距離0.19 m
防塵 / 防滴   / ○
最大径 × 長さ73 × 117.8 mm
重量550 g
フィルター径67 mm

レンズ詳細はこちらよりご確認ください。

作例

α7ⅲ + TAMRON 28-75mm f2.8 DiIII RXD(A036)  iso250 75mm f2.8 ss1/1000

 

α7ⅲ + TAMRON 28-75mm f2.8 DiIII RXD(A036)  iso250 49mm f3.2 ss1/1000

 

α7ⅲ + TAMRON 28-75mm f2.8 DiIII RXD(A036)  iso100 37mm f4.5 ss1/200

 

使用感

メリット

何といっても、「軽い・明るい・寄れる」のがこのレンズのメリットではないでしょうか!?

お求めやすいお値段も魅力的です!!

軽い!!

このレンズ550gしかありません!ほぼペットボトル1本分ですね。めっちゃ軽いです(゜-゜)

他に候補になってくる標準ズームと比べてみると

最大径 × 長さ重量
SEL2470Z73 × 94.5 mm426 g
SEL24105G83.4 × 113.3 mm663 g
SEL2470GM87.6 × 136 mm886g
TAMRON 28-75 f2.873 × 117.8 mm550g


AF/MFスイッチも、フォーカスホールドボタンも、手ぶれ補正もすべて棄て去ったゆえの圧倒的軽さ!!
どれも欲しい機能ではあるのですが…^^;

鏡筒はプラスチック製でマットな質感。引っかいたり、擦ったりすると跡がつきます。
金属製の鏡筒と比べてしまえば多少のチープ感はありますが、このレンズの軽さとお値段を考えれば十分許容範囲。

レンズは少々長めですが、細長いといった形なのでそこまで荷物の邪魔になる事はありません。

明るい!!

F2.8通しの標準ズームで、シーンを選ばない優等生なレンズなので、初めて行くところでもこのレンズを持っていけば困る事は無さそうです。

解像感も素晴らしく、解放でのボケも綺麗。
ただし、玉ボケが多く写るような場面では背景がうるさく感じる時がありますね。

寄れる!!

このレンズめっちゃ寄れます!!

広角側ではフードにくっつきそうな位寄れ、簡易マクロ的な使い方も出来るので撮っていて面白いです。

最短撮影距離 0.19mは他の標準ズームでは真似できない強みですね。

お求めやすいお値段!!

執筆時点で90,000円前後です。

f2.8通しの標準ズームで、大きな欠点も無く、10万円を切る価格設定!

SONYの大三元SEL2470GMが245,000円前後なので、半額以下で購入できてしまいます。

世の中のパパさん、学生さんも、お小遣いを貯めれば手が出せる範囲ではないでしょうか(゜-゜)

このスペックでこの値段・・・
TAMRON素晴らしすぎます!!!

デメリット

個人的にはほぼ気にならないのですが。

AFは爆速ではないので、気になる人は気になるかもしれません。

インナーフォーカスではないので、ズームすると鏡筒がニョキニョキ~っと伸びます。

広角側が28mmなので、もうちょっと広角で撮れれば・・・というシーンがあるかもしれません。

私が使用する分には全く問題なし\(^o^)/!

おわりに

荷物をなるべく軽くしたいと考えている自分には、このレンズのコンパクトさは大正義!

Batis 2/40cfを買ってから出番がだいぶ減ってしまいましたが、どんなシーンでもそつなくこなしてくれるのでやっぱり便利ですね。

標準ズームでお悩みなら間違いないレンズです。